『 袋狭間 』 ~ お城巡り (12) ~

 21, 2012 20:00
松江城1


先日、 家内と山陰 ・ 松江城に行った時のこと。


寄木柱桐の階段とともに

現存天守閣ではこの松江城にしかない3大特長の一つ、袋狭間はどれかな?と捜していると

向こうからスタッフらしい人影。


「 すみません。 フクロハザマ ( 袋狭間 ) はどれですか? 」

とお尋ねすると

その若いスタッフらしい人は、ちょっと面食らった様子。

「 つい最近、ここで働きだした 」 と前置きした後


オケハザマ ( 桶狭間 ) というのは聞いたことがあるのですが・・・・。 ちょっと確認してきます 」

「 あっ! いいです。 いいです 」


袋狭間 ( フクロハザマ ) と 桶狭間 ( オケハザマ )。

なるほど、言い方は似てますねぇ~。

思わず、家内の顔を見ると声は出していませんが、目が笑ってました。



松江城2 松江城3

寄木柱 ( 左 ) : 肥え松の一本の柱の外側に、板を揃えて寄せ合わせ、これを金輪で締めて太い
柱が作られている。 この寄木柱の方が普通の柱より力学的に強く、 吉晴の苦心の作。
桐の階段 : 板の厚さ約10㎝、 階段の幅1.6mで1階から4階の各階の間に設けられている。
階段を引き上げたり、防火防腐の為に桐を使ったもので、他の城は見られない松江城独特のもの。

松江城4 松江城5

井戸 ( 左 ) : 地階に篭城に備えた生活物資の貯蔵倉庫がある。そこに、深さ24mの井戸がある。
袋狭間 : 銃眼といい、天守閣二階部分の東西南北に計9箇所ある。 角度を持って上から下を
鉄砲で狙い撃つように出来ている。 普通の狭間よりかなり深い。


お城巡り(12)  |  2009年08月08日 いい色掲載


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0

TRACKBACK 1


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

WHAT'S NEW?