スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『 犬走りとクロツバメシジミ 』 ~ お城巡り (4) ~

 24, 2012 20:01
imabarizyou


お城の石垣の廻りには

「 珍蝶クロツバメシジミがいるんですよ 」 と

ボランティアガイドさんが、とても嬉しそうに説明してくれた。


瀬戸内海に面する今治城は、

地盤が軟弱だったため、

石垣の下に

藤堂高虎の高い技術力を窺い知ることの出来る 『 広い犬走り 』 がめぐらされている。

この犬走りにだけ、

絶滅が危惧されているクロツバメシジミがいるのだという。


当然、

食草のツメレンゲ爪蓮華 ) が生育していることになる。

築城当時、

ツメレンゲの株が付着していたであろう石垣の大きな石や

犬走りの土をどこから持ってきたのだろうか。

そう思うと、なんとなくロマンを感じる。


石垣の下、水際に広い 『 犬走り 』 があり、石垣の重量を分散させるようにしている。

クロツバメシジミは、羽を広げても2.5㎝ほどの蝶。

羽の表は黒褐色で、裏面は灰白色。

オレンジ色の斑点 ( はんてん ) が特徴だという。

犬走りのツメレンゲの廻りを蝶が舞う季節にもう一度、家内と訪れてみたい。


お城巡り(4)  |  2008年03月29日(いい色掲載)

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 0

TRACKBACK - 1


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。