『 洲本城の登り石垣 』 ~ 新お城巡り (28) ~

 12, 2016 23:02
洲本城



「 おかあさん、危ないから! 」


道無き山の斜面を登る家内の後を追いかけながら、 私の方が滑って、膝をついてしまいました。

家内とのお城巡りは、 “ 命がけ ” ですな。


彦根城、我が松山城、

それにこの洲本城に現存する登り石垣を

見に行きたいと思っていましたが、やっと訪れることが出来ました。



駐車場から大手門へ。

二重の稜線がある石垣を右に折れて虎口に入り、

大石段を右手にみながら本丸を回り込むと搦め手門跡。

そこから西の丸へ続く道があるが、手前に下に延びる曲がりくねった小道がある。

10分程ゆっくり下ると、右の急峻な山腹に西登り石垣が見えてくる。



私は下から眺めて、写真を撮るだけで十分でしたが

家内は違ってましたね。

急な斜面を登って近くまで行って、登り石垣に触れることも出来ましたので、

満足だったでしょう。

でも、山城に行くといつも思うことですが

後ろから見ていて、ハラハラドキドキです ( 笑 )。



西登り石垣

西登り石垣1

西登り石垣2

西登り石垣3

東登り石垣

東登り石垣1

東登り石垣2

下の城から山上の城へ階段状に築かれている。
西と東に登り石垣が残っている。

洲本城大手門から

洲本城1

洲本城2

洲本城3

洲本城4

洲本城5

洲本城6

洲本城7

大手門から入り、登る途中、石垣の修復工事も見学できました。
山頂の天守台にある展望台として作られた摸擬天守は昭和3年に建てられた。
本丸、西の丸、南の丸、と広大な縄張りの洲本城を築いたのは
天正13年 ( 1585 ) から24年間にわたって在城した秀吉摩下の勇将・脇坂安治である。
城石垣の積み方は、穴太積という安土桃山時代の技法によっている。
( 洲本市発行のガイドマップから抜粋。 以下の写真説明も )

天守台南西の角石

天守台南西の角石1

天守台南西の角石2

天守台南西の角は算木積みの完成に近い。

本丸大石段

本丸大石段

広い石段は洲本城の威風を示す。 この石段を登ると南の虎口から本丸へ。

( 平成 28年 12月 3日 登城 )

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 4

Tue
2016.12.13
17:17

つばきだろ #dEc.uiHI

URL

忍者

奥様は忍者だったとか、写真を撮っていた方が良いですよ。

Edit | Reply | 
Wed
2016.12.14
18:17

nori #iAqHXQpI

URL

つばきだろさん

こんばんは。
どうしても、近くまで行って見たいので
ハラハラドキドキです。
この翌日は志知城に行ったのですが、
壊れかけた橋を渡ろうとしていました。
何とか断念させました(笑)。

Edit | Reply | 
Thu
2016.12.15
06:55

getteng #tNoKxDUk

URL

も-にんぐ!

noriさん
時に、お城巡りも危険なことがあるんですね。
吉田の郡山城跡には行かれましたか?
あそこもただの山登りになるのではないかと思いますが・・・。

Edit | Reply | 
Fri
2016.12.16
21:41

nori #iAqHXQpI

URL

getteng さん

こんばんは。
まだです。
実は今年の秋に三泊四日で
萩城、津和野城、広島城、吉田郡山城、岩国城の順で廻ろうと計画していました。
急な入院で断念しました。
来年に年越しです(笑)。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?