『 昌徳宮 ( チャンドックン ) 』 ~ 韓国 ・ 世界遺産 ( 6 ) ~

 22, 2012 11:24
敦化門1


正宮である景福宮に対して離宮として創建された昌徳宮 ( チャンドックン )。

日本の宮家から嫁いだ李方子 ( まさこ ) さまも暮らしたこの宮殿は

韓国国内の宮殿の内、

最も創建時の面影を残しているという。


大韓民国最古の門といわれる敦化門 ( トンファムン ) をくぐると

中には、儀式の執り行われた正殿の仁政殿、国王が執務をしていた宣政殿、

王と王妃の寝殿だった大造殿等13棟の木造建築が現存している。


敦化門
敦化門2

昌徳宮入口の大きな門。 太宗12年 ( 1412年 ) 、昌徳宮の正門として創建された。

仁政殿
仁政殿1

仁政殿3

仁政殿4

宣政殿
宣政殿1

宣政殿2

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?