『 もういっぺん 』

 18, 2014 13:14
もういっぺん



先日の報道によると

昨夏、火災で全焼した道後の 宝厳寺 ( ほうごんじ ) が再建されることになったという。


宝厳寺は鎌倉時代に時宗を開いた 一遍上人 ( いっぺんしょうにん ) の生誕地。

また、明治時代には正岡子規や夏目漱石ら文人にもこよなく愛された古刹、

ちょうど、“ 色街 ” の坂を上った先にあり

漱石や子規が温泉に入浴したあと、

手ぬぐい片手に、下駄を鳴らしながら境内を吟遊したのかも知れない。



昨年8月10日、火災により本堂と庫裏が全焼、

所蔵されていた国の重要文化財である 木造一遍上人立像 も焼失した。


檀家さんたちが中心になって

復興費に充てるため、

小さな起き上がりこぼし人形 「 もういっぺん上の写真 ) 」 を作って販売したり、

寄付を募っているのは知っていたが・・・。


支援の輪は全国に広がり、時宗の信徒だけでなく、俳人、観光客らの寄付も相次ぎ、

これまでに1億2000万円ほどが集まったらしい。

来年中には再建される見通しとのこと。


家内と好きな道後の町を歩くと、必ずお参りしているお寺さん。

再建のニュースはとても嬉しい。



素朴なデザイン、手のひら大の起き上がりこぼし人形 「 もういっぺん 」。

以前、私も一個だけ、買い求めました。


焼ける前の宝厳寺

宝厳寺 。 以前、撮した写真ですが左端に少し見える瓦屋根が焼けた本堂。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?