『 舌石 』 ~ お城巡り (36) ~

 11, 2012 20:48


徳島城跡の 舌石

現在はJR用地となっている寺島川沿いの石垣に残っている。

この舌石は、石垣を登る敵に対して鉄砲を撃ちかける防護施設 ・ 折れ曲がり塀

支えた石らしいが、

その折れ曲がり塀がどのような形状だったのかは、

分からないのだそうだ。


徳島城博物館の冊子 『 徳島城まるごと博物館 』 によると

塩蔵門から南東側に約31m~35m間隔で、6個確認されているとのこと。


この舌石は城山から降りて、帰りに見たのですが・・・。


本丸北の門跡の石段を降りて

右へ少し行った所にある石垣の継ぎ目を見ようとした時のこと。

結局、草が茂っていて近寄れずに断念。

その時、上を見ると石垣に突き出た木の “ 板 ” が一枚。


「 どうして、こんな所に板があるのだろうか? 」 と不思議に思いました。

先程、写真を整理していて、

拡大すると薄い石の板にも見えますね。

高知城などにある 石樋 ( いしどい )の一種かな?とも思います。

まさか、舌石ではないでしょうね???。

だとすると、

これも大発見ですね ( 笑 )。



旧寺島川
舌石2

JR用地となっている寺島川沿いの石垣には、舌石 が35m置きに残っている。

刻印石
舌石3

舌石4

大手の枡形。『 』 『 』 の文字や三角形もある。

北の門跡から本丸北東石垣
舌石5

舌石6

舌石7

( とばり ) 櫓跡と礎石
舌石8

舌石9

布積みの石垣
舌石10

舌石11

徳島市によると、徳島城の石垣は全て阿波の 青石 ( 結晶片岩 ) で築かれている。
独特の雰囲気と素敵な景観を形成している城山南西麓の美しい石垣。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お城巡り(36) |   2010年06月13日 いい色掲載

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0

WHAT'S NEW?