スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『 火灯窓 』 ~ お城巡り (22) ~

 18, 2012 20:01
火灯窓


姫路城天守の窓から、外を見ると

小天守に釣鐘の形をした素敵な窓。

綺麗な形だな、と暫く眺めていると

いつの間にか、横に来ていた家内が 「 あれは、 火灯窓 ( かとうまど ) よ! 」。


禅宗寺院の建築とともに中国から伝わって

唐様 ( からよう ) 建築に多く用いられたらしい。

「 華頭窓 」 「 華灯窓 」 と書いたり、また 「 源氏窓 ( げんじまど )」 とも言うとのこと。


かとうまど 』 だ、と家内から聞いた時

私はどのような字を充てるのかも分からず

てっきりお城だから、清正にちなんだ 『 加藤窓 』 かと思ってました。

でも

直ぐに 「 火灯窓よ 」 と答える家内は、やっぱり凄いと思いました ( 笑 )。


お城巡り(22)  |  2009年12月09日  いい色掲載

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT - 6

Thu
2012.07.19
13:46

nobo #-

URL

姫路城の小天守の窓

「(月が)満ちれば欠く との言葉のように
 この小天守には満月の模様が描かれているが
 窓は閉められている」

何かの資料で読んだことがあります

Edit | Reply | 
Thu
2012.07.19
20:26

nori #iAqHXQpI

URL

noboさん、こんばんは。

>この小天守には満月の模様が描かれているが・・・。

そのお話は知りませんでした。ありがとうございます。
姫路城は現在、改修が進んでいますが
改修の様子を見に行きたいと家内と話しておりますが、
なかなか難しいです。

Edit | Reply | 
Fri
2012.07.20
17:38

nobo #-

URL

この春に行ってきました
天守の修理状況をエレベーターで見学できるそうです
僕は天守東側の石垣に古墳の石棺の石が使われているのを
再確認してきました

Edit | Reply | 
Sat
2012.07.21
15:50

nori #iAqHXQpI

URL

noboさん、こんにちは。

家内が聞いたら、羨ましがります(笑)。
連れて行けと、五月蠅いでっす。

Edit | Reply | 
Wed
2012.07.25
08:52

nobo #-

URL

ちょっと足を延ばして甲府まで・・・
ちょっとどころじゃないですね

Edit | Reply | 
Wed
2012.07.25
17:15

nori #iAqHXQpI

URL

そうですね。ちょっと遠いですね。
でも、家内は一人で甲府城を訪れていますが、
私は行ったことがありませんから、現役が終わったら、
今度は家内に案内してもらいましょうかね(笑)。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。