Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
舌石1



午後、冷たい雨が降り出しましたが

淡路島の帰りに気になっていた徳島城に寄ってみました。


数年前に徳島城の舌石を取り上げました。

私の早とちりで

間違った舌石を紹介してしまい、関係者の方々にご迷惑をお掛け致しました。

当時の記事も非公開設定にしておりましたが、

やっと、また公開することが出来ました ( 笑 )。


前回、家内と見つけた卍紋の瓦は見つけることは出来ませんでした。

残念。


『 舌石 』 ~ お城巡り ( 36 ) ~ http://suigun489.blog.fc2.com/blog-entry-141.html

『 丸に卍紋 』 ~ お城巡り ( 35 ) ~ http://suigun489.blog.fc2.com/blog-entry-140.html



今年もありがとうございました。
来年も宜しくお願い致します。



舌石2

舌石3

水路 ( 旧寺島川 ) 沿いの石垣面から突き出ている石は屏風折塀の支柱石で舌石と呼ばれています。
屏風折塀は塀の一部をを屏風のように折り曲げて堀川の方向に突き出させたもので、
この屏風に鉄炮や矢を撃つための穴を設けることによって正面のみならず側面方向への攻撃が
可能となり、城の防御性を高めていました。
徳島城跡の旧寺島川沿いには約32メートル間隔で6個の舌石が残っており、
全国的にも類例の少ない貴重なものです。

~~ 立て看板より抜粋 ~~

徳島城の石垣

( 平成 28年 12月 4日 登城 )


スポンサーサイト
わたるな



本丸に渡りたいと内堀に囲まれ、

うっそうとした木々と竹藪でこんもりとした志知城跡を廻ってみるのだけれど

それらしい橋も道もない。

唯一、畑脇の細道の先に

コンクリート製のいかにも危なっかしい小さな橋がある。


近くに行くと、

この橋危ないので通行禁止の立て看板。


「 私、渡ってみる! 」 と、家内。

「 危ないからやめて! 」 と、私。


10分程の押し問答で、やっと断念してくれました ( 笑 )。


秀吉の四国攻めで黒田官兵衛が拠点とした城で、

その後、加藤嘉明が伊予に来るまで入っていた志知城。

今は田畑に囲まれてはいますが、内堀もしっかり現存しています。

また、外堀もそれらしいものが残っています。


家内もよほど、本丸に渡りたかったのでしょう。

車に戻るまで何度も、振り返っていました。

でも、橋が落ちて怪我でもされたら、私が困りますからね。



淡路志知城跡1

畑の向こうに見えるこんもりした森が本丸。

淡路志知城跡2

淡路志知城跡3

内堀もしっかりと残っている。 外堀の跡?とも思える所もある。

淡路志知城跡4

【 南あわじ市 市長様へ 】
歴史ある志知城です。
内堀もしっかり残っております。
出来れば、小規模なもので結構ですので本丸へ渡る数メートルの橋を架けてもらえれば、
お城好きにはありがたいです。
私たちと同じように、遠くから来ても目の前の本丸へ渡ることが出来ずに
がっかりして帰ったマニアも多いことと思います。
ご予算を少し取って頂きまして、宜しくお願い致します。
橋が出来ましたら、再訪致します。

( 平成 28年 12月 4日 登城 )

みかえり阿弥陀さま


「 永観、 遅し 」

ふりかえりざま、その方は、まっすぐ永観の眼を見つめられた。


永観堂禅林寺のご本尊は首を左にかしげ、ふりむいておられます。

ほんの少し開かれたお口。

お顔全体に漂う穏やかな微笑み。

それは遠い昔、

永観律師を励まされた時まま。

       ~~~ 永観堂 パンフレットから抜粋 ~~~



大阪本社出張の帰り、

どうしても阿弥陀さまを拝みたくなって、昨日、久しぶりに京都に足を延ばしました。

京都駅から市バスでコトコト。

南禅寺・永観堂道で下車、5分ほど歩くと総門前に着きます。


阿弥陀さまがまつられる阿弥陀堂は

釈迦堂や浄土宗の開祖・法然上人をまつる御影堂などを拝観しながら

廊下を歩いて行ける最終にあります。


「 もみじの永観堂 」 とその名を知られ、

紅葉の季節は大勢の参拝客で賑わうでしょうが、

昨日は参拝客も少なく、ゆっくりと阿弥陀さまを拝観することが出来ました。



お堂の中にも書いてあります。 みかえり阿弥陀さまのお姿は

遅れる者を待つ姿勢。

思いやり深く廻りをみつめる姿勢。

自分自身をかえりみ、人々とともに正しく前へ進む姿勢。



「 心の広い人になれますように 」 と、願いながら

合掌。


還暦を過ぎた男が今更、願うことではないですね ( 笑 )。



【 総門と中門 】
永観堂1

永観堂2

中門の拝観受付で拝観料600円を支払って中に入ります。

【 大玄関と唐門 】
永観堂3

永観堂4

大玄関で靴を脱ぎ、中を拝観しながら阿弥陀堂まで廊下を歩きます。

大玄関の右には唐門があります。
天皇の使いが出入りするときに使われた勅使門で内側に盛り砂が作られています。
勅使はこの盛り砂をを踏んで身を清めてから中に進んだ。

【 釈迦堂 】
永観堂5

永観堂6

方丈。室町時代の建立とされ、本格的な書院造り。

【 阿弥陀堂 】
永観堂7

ご本尊がまつらられる本堂が階段を上がった所にある。
外からは、みかえり阿弥陀さまのお姿を見ることは出来ない。

【 多宝塔 】
多宝塔1

多宝塔2

上部は円形、下部は方形の二重塔。
多宝塔から京都の街並みが一望できる。

【 境内と三鈷 ( さんこ ) の松 】
境内1

境内2

境内3

境内4

境内5

三鈷の松

紅葉の季節は綺麗でしょうが、すっかり冬支度の境内。
境内に葉先が三つに分かれる珍しい松の古木・三鈷の松があります。
この松の葉を持っていると三つの福が授かると言われているとのこと。

参拝の帰り、売店で阿弥陀さまのお写真 ( 冒頭の写真 ) を買い求めると
松の葉を二葉、頂きました。

合掌。



鬼柚子1


島の親戚から、ミカンが一箱。


開けるとミカンと一緒に

小さな子供の頭ほどもありそうな大きな鬼柚子が二個。


早速、お礼の電話をすると、 「 ゆず湯にして下さい 」 。

勿体ないような気もしますが、温まりますね。


ありがとうございます。


数日前、丸亀で同僚と骨付き鶏で一杯。

翌日、冷たい雨の中、島に渡って先祖の墓参りに行ってきました。

過疎化が進んで

空き家も多くなっています。


一年ぶりに親戚を訪ねると、

ちょうど、福祉課の市職員さんが来られていました。

聞くと、今年の初めに転んで介護認定をもらっているとのこと。

心配するといけないので、知らせてくれなかったらしい。


また、行きますから元気でいて下さい。



鬼柚子2 鬼柚子3

鬼柚子4 鬼柚子5

丸亀からフェリーで45分程。 塩飽水軍の島です。

洲本城



「 おかあさん、危ないから! 」


道無き山の斜面を登る家内の後を追いかけながら、 私の方が滑って、膝をついてしまいました。

家内とのお城巡りは、 “ 命がけ ” ですな。


彦根城、我が松山城、

それにこの洲本城に現存する登り石垣を

見に行きたいと思っていましたが、やっと訪れることが出来ました。



駐車場から大手門へ。

二重の稜線がある石垣を右に折れて虎口に入り、

大石段を右手にみながら本丸を回り込むと搦め手門跡。

そこから西の丸へ続く道があるが、手前に下に延びる曲がりくねった小道がある。

10分程ゆっくり下ると、右の急峻な山腹に西登り石垣が見えてくる。



私は下から眺めて、写真を撮るだけで十分でしたが

家内は違ってましたね。

急な斜面を登って近くまで行って、登り石垣に触れることも出来ましたので、

満足だったでしょう。

でも、山城に行くといつも思うことですが

後ろから見ていて、ハラハラドキドキです ( 笑 )。



西登り石垣

西登り石垣1

西登り石垣2

西登り石垣3

東登り石垣

東登り石垣1

東登り石垣2

下の城から山上の城へ階段状に築かれている。
西と東に登り石垣が残っている。

洲本城大手門から

洲本城1

洲本城2

洲本城3

洲本城4

洲本城5

洲本城6

洲本城7

大手門から入り、登る途中、石垣の修復工事も見学できました。
山頂の天守台にある展望台として作られた摸擬天守は昭和3年に建てられた。
本丸、西の丸、南の丸、と広大な縄張りの洲本城を築いたのは
天正13年 ( 1585 ) から24年間にわたって在城した秀吉摩下の勇将・脇坂安治である。
城石垣の積み方は、穴太積という安土桃山時代の技法によっている。
( 洲本市発行のガイドマップから抜粋。 以下の写真説明も )

天守台南西の角石

天守台南西の角石1

天守台南西の角石2

天守台南西の角は算木積みの完成に近い。

本丸大石段

本丸大石段

広い石段は洲本城の威風を示す。 この石段を登ると南の虎口から本丸へ。

( 平成 28年 12月 3日 登城 )

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。