Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
万座毛1


「 お客さまぁ~。 海に目がいくと思いますが、万座毛は、陸の方ですよ~ 」


細長く伸びた列の先頭を行くガイドさんが 大きな声で叫んでいる。


二日目は万座毛、ナゴパイナップルパーク、ガラス館、やんばるいこいの森、海洋博公園、

古宇利島観光・・・と、盛りだくさん。

楽しみにしていた美ら海水族館もとても素敵でした。


また、

ちんすこうや黒砂糖、お店の人が勧めてくれた泡盛、それに家内用にアクセサリーetc・・・。

おみやげも沢山、買い求めました。


万座毛
万座毛2

万座毛3

万座毛琉球王の尚敬 ( しょうけい ) がこの地を訪れた時に、 「 万人が座するに足る毛 」
( 一万人が座ることのできる広い野原 ) と称讃したことが由来といわれている。

黒砂糖工場
黒砂糖工場1

黒砂糖工場2

美ら海水族館
美ら海水族館1

美ら海水族館2

美ら海水族館3

古宇利島
古宇利島1

古宇利島2

海の上を駆け抜ける古宇利大橋を渡ると “ 沖縄版アダムとイヴ ” と呼ばれる伝承があることで
有名な 古宇利島 ( こうりじま )。
沖縄本島北部にある屋我地島の北に位置し、今帰仁村に帰属する有人島。

海ぶどう

ツアーの添乗員さんが 「 とても美味しくていつも買って帰るのですよ 」 と、 話してくれた
海ぶどう を家内と自分用の土産にしました。 なかなか美味ですね ( 笑 )。

スポンサーサイト
カピパラ



ご親戚の方が入院されたとのことで

昨日は知人ご夫婦との昼食会がキャンセル。

二人だけで寂しく食事した後、久しぶりに好きな 「 とべ動物園 」 に行ってみました。


お昼過ぎですから、動物ものんびりムードでした。

とくしま動物園からやってきた カピパラ の ワカメさん や15歳になったしろくまピース

アフリカゾウの( ひめ ) と 砥夢 ( とむ ) も元気でした。


モンキータウンでは

マントヒヒを飼育されているキーパーさんに一頭一頭の名前や仲良しのグループ分け、

生態や習性等を分かりやすく説明して頂きました。


紙芝居やパネル作製など、いろんな工夫をされ、

また、

Zoo is the Peace 「 平和あっての動物園 」 をモットーにされていると言われていましたが

こんなキーパーさんに飼育されているマントヒヒは、きっと幸せですね。



の~んびり
かわうそ

カンガルー

レッサーパンダ

のんびりピース

シロクマピース

午後、暖かでしたからカピパラやシロクマピース、 レーサーパンダ、 かわうそ、 カンガルー、
オランウータン、みんなのんびり。

モンキータウン
マントヒヒ

マントヒヒ2-1

まんとひひ2-2

オランウータン1

オランウータン2オランウータン3

オランウータン4

アフリカゾウ舎
トム1

トム2

トム3

砥夢 ( とむ ) は水浴びとても嬉しそう。 媛 ( ひめ ) もちょっと見ない間に大きくなりましたね。

斎場御嶽


沖縄旅行から 早一ヶ月以上も経ってしまいました 。


琉球創世神話にも伝えられる最高位の聖地・斎場御嶽や

エメラルドグリーンの海を望む断崖の万座毛、それに古宇利島等・・・。

何処も素晴らしく、家内も私も沖縄を満喫しました。


でも、

何より、思い出になったのは観光バス ( 少し古かったですが ) のガイドさんと運転手さんです。

沖縄の歌を上手にたくさん歌ってくれたガイドさんは、

歴史を説明するお話から、とても沖縄を愛していることが良く分かります。


また、運転手さんはバスが止まって、

客が降りる時に毎回必ずひとり一人に

「 いってらっしゃい 」

「 足もとに気をつけて下さい 」 「 お帰りなさい 」 等、声を掛けてくれました。


他所でも感じの良いガイドさんや運転手さんは沢山いらっしゃいますが、

今回の旅行は、ずば抜けていました。

本当にとても気持ち良く名所を巡ることが出来ました。


ありがとうございます。


斎場御嶽
斎場御嶽1

斎場御嶽2

パンフレットによると斎場御嶽(せーふぁうたき)は琉球王国最高の聖地。
御嶽の中には六つのイビ(神域)がある。中でも大庫理(うふぐーい)、寄満(ゆいんち)、
三庫理(さんぐーい)は首里城内もある部屋と同じ名前を持っている。
はるかなる琉球王国時代、国家的な祭事には聖なる白砂を神の島といわれる久高島から
わざわざ運び入れ、御嶽全体に敷き詰めたという。

三庫理 ( さんぐーい ) 冒頭の写真。
三角形に切りとられた空間の突き当たり部分は拝所となっている。

屋慶名展望台
屋慶名展望台2

屋慶名展望台1

アメリカンレストンラン
アメリカのレストラン1

アメリカのレストラン2

アメリカのレストラン3アメリカのレストラン4

夕食は英語が飛び交うアメリカのレストンランにいるようなステーキ屋さん。
見た目より柔らかくてとても美味しい。

おんぼろバス

「 見ての通り、 “ おんぼろバス ” ですから、
前と後ろでは冷房の利きが違いますよ~ 」 とバスガイドさん。
空調が詰まって流れない箇所もあるらしい。
少し年季の入ったバスです ( 笑 )。

でも、その分、ガイドさんと運転手さんの心配りがとても良かったです。

結婚記念日日本食


明日は34回目の結婚記念日なので

( 35回目だったかな? )

今日のお昼は近くの日本料理屋さんへ行くことにしました。

近くと言っても、歩くと三十分ほど掛かります。


途中、

県議選の投票を済ませてお店に到着。

ゆっくりと二人でお刺身や季節の山菜を味わいました。


家内は友人と何度か来ているお店。

美味しいので一度、私も連れてきたかったらしい。


「 とても美味しい 」 と、言うと家内も喜んでいました。



結婚記念日1

結婚記念日2

結婚記念日3

結婚記念日4

結婚記念日5

結婚記念日6

季節の山菜、ワラビやタラの芽を美味しく料理しています。

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。