Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
矢切の渡し


柴又・帝釈天沿いの道を東に少し歩くと江戸川の河川敷に出ます。

そこに江戸時代初期、

地元住人専用に幕府が設けた渡し場のうちのひとつ、 矢切の渡し が残っています。

都内に残っている渡しはここだけとのこと。


数年前、家内が一人で訪れた時、

手漕ぎの和船で川を渡ったと聞いていましたので、私も、と訪れてみたのですが・・・。

雨で水嵩が増したのか、運行してないですね。


雷門の提灯、東京スカイツリー、そして矢切の渡し・・・。

悉く、残念です。


でも、柴又駅の寅さん像や帝釈天の素晴らしい彫刻も観ることが出来ましたから

良しとしましょう。


フーテンの寅像

フーテンの寅 」 像。旅立つ寅次郎が妹さくらを振り返る姿を表しているそうだ。
銅像が建つ柴又駅は関東の駅100選に選ばれている。

帝釈天1

帝釈天2

帝釈天3

柴又帝釈天 ( 題経寺 ) 。 本堂の廻りの彫刻が素晴らしいお寺です。

帝釈天参道

帝釈天参道 、京成柴又駅から帝釈天まで約200mの参道が続く。

矢切の渡し : 元和2年 ( 1616 )、 幕府は利根川水系河川の街道筋の重要地点15カ所を
定船場として指定、それ以外の地点での渡河を禁止しました。その一つが矢切の渡し。
この付近を通る国分道に架かる渡しで、主に近隣の農民が対岸の農耕地へ渡るために利用し
ていました。
現在、都内に残る唯一の渡し場で、今も昔ながらの手漕ぎの和船が対岸の松戸市下矢切との
間を往復しています。(柴又公園の案内板より)
伊藤左千夫の名作・野菊の墓の舞台となり、ヒット曲・矢切の渡しを生んだ地として有名です。

スポンサーサイト
雷門を出て

左へ100m程歩くと吾妻橋。

東京スカイツリーが見えても良いのだけど・・・。

雨空を見上げるのに、一向に見えてこない。


信号待ちで、ふとビルの谷間を観ると

あっ、そうか。

雨雲に隠れていたのか。


少しの間、立ち止まって眺めていましたが、全貌は見えず。

残念。

登ってみようと思っていましたが

これでは見晴らしも悪いでしょうから、次回の楽しみにおいておきましょ ( 笑 )。


東京スカイツリー1

東京スカイツリー2

雲に隠れていますが、上の方がかすかに覗いている 東京スカイツリー

雷門1


根津のすみれに寄って、ホテルで心地よく眠れた翌朝

目が覚めると、

台風の影響で雨。


ゆっくりと朝食を済ませた後、傘をさしてホテル前の江戸通りを北へてくてく。

駒形橋の交差点からは、

浅草寺の総門・雷門の大提灯も見えてきました。

浅草を訪れたのは、高校の修学旅行以来40年振りですね。


こんなだったかなぁ~。

と思いながら、雷門が近づいてくると

あれッ!

浅草のシンボル・大提灯がありませんね。

シートに書いた絵が吊されているだけです。

なんとなくショック。


早速、家内に電話。

「 おかあさん、 浅草の大提灯がないよ 」

「 おとうさんは、 あんな大きな提灯を探せないの? 」 と “ 呆れ声 ”。

雷門が補修中だということを告げると

「 楽しみにしてたのに残念ね 」。


正式名を 「 風雷神門 」 といい、左右には風神と雷神が奉られているはずが・・・。


此方もお目にかかれず。 

本当に残念。

 
雷門をくぐると、浅草寺本堂とをつなぐ仲見世通り。

約250mのこの表参道には、江戸のおもちゃや人形焼き等を売るお店がずらり。

国内外の観光客で賑わっていました。


雷門2

仲見せ

浅草寺

台風の影響か。 雨にもかかわらず大勢の観光客で賑わう浅草寺。

306すみれ


殊の外、仕事の打ち合わせに “ 熱が入り ”、

会議の予定時間が2時間程超過。

昨夕、蔵前のホテルにチェックインしたのは、午後7時前。


疲れたなぁ~。

どうしよう?

でも、久しぶりの東京、折角来たのだから・・・。


蔵前駅から都営浅草線で日本橋へ

日本橋から、東京メトロ東西線に乗り換え一駅、大手町。

大手町でまた、東京メトロ千代田線に乗り換えて、やっと根津に到着。

各駅の改札口の駅員さんに

「 根津はどの電車? 」 と聞きながら ( 笑 )。


根津のすみれ、

以前、いい色で何度かコメントのやりとりはしていたものの

一方的に、私が知っているお店。


でも、初めて暖簾をくぐりましたが、

椅子に座ると、なんとなく以前からの常連のような、ホッとするような・・・。

そんな気持ちになりました。


ビールと焼酎でほろ酔い気分。

とても笑顔の素敵な “ すみれのお嬢さん ” でした。



314おにぎり 301根津

帰り際に 「 お夜食にどうぞ 」 とおにぎりを握ってもらいました。
ありがとうございます。ホテルで頂きました。
今度は、とりの煮込みとカレーを食べに行きますね。

就寝前に家内に電話。

「 どうだった? 」
「 仕事? 」
「 根津の方よ。ちゃんと、素性を明かしたの 」
「 うん、美味しいおにぎりももらったよ 」
「 そう、良かったわね 」


292スパティフィラム

朝、家内の友人が訪ねてきたので

庭先で話している会話を何気なく聞いていると


季節外れ?

鉢植えのスパティフィラムやハイビスカスが咲いていると言った

他愛もない話に混じって

今日が家内の誕生日だと話している。

友人が

「 ご主人がきっと、美味しいもの連れて行ってくれるよ 」


すると、家内が

「 多分、くるくる廻るお寿司屋さんよ 」


と言うことで

今日のお昼は、

隣町にあるくるくる回るお寿司屋さんになりました。

私は結構、リーズナブルで美味しいお寿司が気に入っているのですが・・・。


WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。