Photo Gallery

海印寺拓本


大韓民国南部にある伽耶山海印寺

保存されている仏教聖典 ・ 高麗八萬大蔵経 ( こうらいはちまんだいぞうきょう ) の版木。


名前の通り、

縦約24cm、横約70cm、厚が約4cmの白樺でできた版木81,258枚からなるのだそうだ。


版木が納められている大蔵経板殿は世界遺産に登録されている。

600年以上前に建造。

窓の大きさ、配置等、上手く換気空調を考えた保存庫に適した設計と成っている。


残念ながら、写真撮影は不可。



今年もお世話になりました。 来年も宜しくお願い致します。

皆様、良いお年を!!



海印寺1

海印寺2

パネル1海印寺

大蔵経板殿の内部は写真撮影不可のため、観光客記念撮影用のパネル。

海印寺3

海印寺4

昨日夕、ソウルから帰りの飛行機の中、
家内が 「 もう二人とも帰っているよね 」。

一昨日、愚息二人とも帰省しているはず、と話しながら・・・。

少し早く年末休暇を取って
二人で韓国の世界遺産巡りに行っていました。

でも、韓国は寒かったぁ~。
川の水が凍っていました。 温暖な松山から行った家内と私は、ずっと震えていました ( 笑 )。

韓国凍る1


スポンサーサイト
発電所


「 江戸時代、鉱夫の装束は、鋪着 ( しきぎ ) という作業着でした。

  坑道内の事故で亡くなった際、黒い帯を除けるとすぐにでも白装束になれる 」

と、ガイドさんの説明。


住友財閥の基礎を築いた別子銅山

1690年 ( 元禄3年 ) に発見され、

翌年から1973年 ( 昭和48年 ) までの約280年間に70万トンを産出。

その間、日本の貿易や近代化に寄与する一方、

事故や戦時中・外国の方の強制労働など、悲しい歴史も続く。


東成から10㎞ほど下ると

採鉱本部の跡地を再開発した銅山のテーマパークがある。

観光坑道で当時の様子を体験すること出来る。



マイン1

マイン2

列車

マイン3 抗夫

坑内 坑道1

坑道2

旧水力発電所跡 ( 冒頭の写真 ) : 明治45年完成。
当時としては東洋一の落差 ( 596m ) を利用して発電が行われた。
中には、ドイツのシーメンス社製発電機、フォイト社製のペルトン水車などが、
当時の姿のまま残されている(マイントピア別子HPより抜粋)。
東成る1


先週、東予で研修の帰り、同僚と新居浜市の山麓部

東洋のマチュピチュ 東平 ( とうなる ) を訪れてみました。


標高750mの山中にある東平は、

大正5年から昭和5年までの間、別子鉱山の採鉱本部が置かれていました。

銅山関連施設をはじめ社宅・小学校・劇場などが整備され、

当時は約3800人が暮らしていました。


昭和43年に休止するまで、町として大変な賑わいでした。



東成る2

東成る3

東成る4

東成る6

東成る5

東平貯鉱庫跡 : ひときわ目を引く重厚な花崗岩造り。
明治38年ころの建設されたと思われる。
第三通洞経由で運ばれてきた鉱石と、新太平坑と東平を結ぶ太東索道から運ばれてきた
鉱石を、一時的に貯蔵するもの ( マイントピア別子HPより抜粋 )。

東成る7

東成る8

旧インクライン : 現在は220段の長大階段になっている。

ラグビー1


ゴー ゴー レッツゴー!!


午後、家内と砥部の愛媛ニンジニアスタジアムへ

ラグビーの観戦に。


2011-2012 ジャパンラグビートップリーグ 第5節

神戸製鋼コベルコスティーラーズ VS コカ・コーラウエストレッドスパークス戦


地方では、なかなか観ることの出来ない好カード。

迫力あるプレーに

此方もつい、手に力が入りました。


試合は、31 対 12。

4トライを挙げたコベルコスティーラーズの勝ち。

なかなか見応えのある試合に満足です。



らぐびー2

らぐびー3

ラグビー4

ラグビー5

ひめきゅんたい

愛媛のアイドルグループ ひめキュンフルーツ缶 のステージもありました。
ことし3月に 「 恋愛エネルギー保存の法則 」 でCDデビュー。
オリコンインディーズ週間ランキング全国1位を獲得した実力派。
此方もなかなかのものです。私は初めて実物を見ました ( 笑 )。
京都から帰りの大阪駅近くで夕食一緒に食べた後、

次男のアパートで泊まるという家内ともお別れ。


「 僕は心斎橋で泊まるから 」

「 じゃあ、また松山で 」


それぞれ四ツ橋線と御堂筋線へ。

なんとなく ( 夫婦としては ) 変な会話 ( 爆 )・・・。



知恩院三門

知恩院三門2

知恩院三門3

地下鉄東西線蹴上駅から、3分ほどで東山駅に到着。
歩いて10分で、法然上人を開祖とする浄土宗総本山 ・ 知恩院
「 わぁ~。 」 っと見上げると壮大なスケールの三門が迎えてくれます。

御影堂 意匠1

意匠2

意匠3

石段を登って御影堂へ。
外縁を回っていると、
外縁と本殿を区切る大扉の落とし金を見つけました。これもきめ細かな細工がされていますね。
火事が起こらないよう水に関係する河童や亀などの意匠です。

道頓堀

翌日は雨。
道頓堀を少し歩いて、なんば駅から大阪駅まで。 私は呑み会で高松へ移動です。

WHAT'S NEW?