Photo Gallery

セキ美術館



伊予鉄 ・ 道後温泉駅から、歩いて5,6分。

たまに地酒を買い求める水口酒造の前を通って、左に路地を曲がると

閑静な住宅街にセキ美術館が佇んでいる。


地味な印象を受けるこの小さな美術館にひとたび、

足を踏み入れると、

とても素敵なオルゴールの調べのなか、

感動の名品に包まれながら、心地良い時間がゆっくりと流れます。



先日、突然、

「 美術館に行きたい 」 と、言い出した家内と一緒に同美術館を訪問。

ここには横山大観、加山又造、前田青邨、黒田清輝ら

明治から昭和の巨匠による近現代日本の日本画・洋画やロダンの彫刻が展示されている。

以前から、とても気になっていた小磯良平の 「 少女 」 にやっと出会えて

私も満足。


とても良い一日でした。



セキ美術館1

小磯良平の 「 少女 」。 ( パンフレットから )

道後ランチ1道後ランチ3道後ランチ4

久しぶりに道後でランチ。
予約席ばかりでしたが、何とか座れました ( 笑 )。

スポンサーサイト
タカラトミー2017


赴任先から、帰宅すると

小さな小包が一つ。

毎年届く株主優待品のトミカ 2台セットです。


ええっ!

もう一年経ったのかぁ~。


そういう意味で驚く。


かなり以前、

この会社が合併する前に遊び心で買った株ですが

今は買値の4倍ほどになっています。

でも、一単位だけしか持っていませんので、売れません ( 笑 )。



「 ここ、穴が開いてるやろ 」

喉に右手の手のひらを当てながら、友人がぽつりぽつり話す。


年に二回、7,8人が集まっている大学時代のクラブ同期会。


今回は一回生の時の退部した同期生が、

隣町に住んでいることが分かり、招待 ( 会費はもらいましたが・・・ ) しました。

40数年ぶりの嬉しい再会です。


酒を飲みながら、みんなで年相応の “ 病気自慢 ” をしていると

初参加の彼が、小さな声で話し出した。

5年前に大病をして、喉に管を通して生死の間をさまよったらしい。


やっぱり、みんな色々あるなぁ~。


体一番。

健康で長生きして、また会いたいですね。



同期会2017-1

同期会2017-2同期会2017-3

同期会2017-4同期会2017-5

同期会2017-6

久しぶりに同期会の料理写真をアップ。
野菜やお魚主体、オコゼの天ぷらも美味しかったぁ ( 笑 )。

先日、母とスーパーマーケットへ買い物に行った時のこと。


ショッピングカートを押す母が、

野菜売り場で立ち止まっているので、

覗いてみると

ミョウガ4個入りが1パック、100円。


「 高いね 」と一言。


この前の日、

実家の庭に自生しているミョウガを

大好きな家内へのお土産にと母が一生懸命に採ったばかり。


ミョウガがこんなに高いとは、思ってなかったらしい。


「 家内が喜んぶよ 」 と、言うと

母も嬉しそうでした。


ミョウガ

ミョウガは本州から沖縄まで自生する多年草。
生姜などとともに香味野菜として、古くから親しまれている。
食用に栽培しているのは日本だけで、
日本でしか食べれない野菜のひとつだそう。

先日、客先から

特別功労賞として、感謝状を頂きました。

これまで通例として団体に贈られていましたが、

個人が頂くのは初めてとのこと。

長い間、ご担当させて頂き、お仕事も沢山、頂戴しました。

その上、こんな賞まで・・・。


なんとなく嬉しい。


一番に家内に報告すると、

「 30年単身赴任して、頑張った甲斐があったね 」

私より家内の方が、感無量のようす。


でも、

30年と言っても、終わってみると、あっという間ですね。


WHAT'S NEW?