FC2ブログ

Photo Gallery

ピンポン!

早朝、聞き慣れた通知音。

友人から、 「 誕生日おめでとう 」 のラインメッセージです。

なんとなく嬉しい。

今日は63回目の誕生日。


また、一年頑張ろう。


赴任先に向かう前に、家内も

「 頑張ってね 」。


ひょっとしたら、本日のお弁当は豪華版かしら?

開けてみると、

いつもと同じヘルシー弁当でした ( 笑 )。



弁当21

スポンサーサイト
頼義の供養塔


石手寺の裏山近くに国指定の重要文化財・五輪塔が建っている。

この花崗岩製の大きな石造五輪塔 ( 総高273cm ) が、なんとなく好きで

石手寺に行くと必ずお参りする。


松山市教委の説明板によると

「 当初の姿を残しており、地輪・水輪・火輪・風輪・空輪の五輪の均勢がとれ

見るものに重厚で優美な感じを与える 」 とある。

そんな “ 感じ ” が気に入っているのかも知れない ( 笑 )。


この五輪塔は源頼朝の供養塔で・・・???。

あれっ!

源頼義になっています。

以前、来た時は 頼 朝 になっていましたが

今は 頼 義 ですね。

一字違いで、どちらもとても有名な歴史上の人物ですが、全然違う人です。

今度、市教委に確認してみます。



石手寺2019-1

石手寺2019-3

石手寺2019-4

石手寺2019-5

石手寺2019-6

石手寺2019-7

毎年、節分の厄除けのお札を申し込みに石手寺に来ています。

供養塔2019-2

供養塔2019-3

ここらに五輪塔があったんだけど、と思いながら通り過ぎてしまいました。
いつも来た時は草木に覆われています。
国の重文なのになぁ。

供養塔2019-4

五輪塔の説明板。源頼義の供養塔となっています。

鏡開き-19




東が四角で、西が丸。

お餅の形が違うのは 「 江戸の人口が多かったから 」。


先程、NHKのチコちゃんを観ているとそんな話題が出ていた。

当時、暮れに

餅を突きが難しい長屋住まいの町人を廻る 「 賃突き餅屋 」 という商売があったそう。

需要が多いため、丸めると時間が掛かる。

そこで、板の上に伸し餅にして渡したらしい。

注文者はそれを四角に切った。

その風習が江戸に残ったという。


餅は元来、丸くて神聖なものだった。

その神聖な餅の代表的なものが、正月に床の間に飾る鏡餅だと紹介していた。


今日は鏡開き ( 関東? )。

家内がぜんざいを作ってくれました。



七草がゆ2019



今日は 「 七草がゆ 」。


お正月は愚息たちも帰省していたこともあり

少し食べ過ぎてしまいました。

二人とも昨日、仕事先に戻り、また静かになりました。



一昨日、台所で忙しくしている家内を尻目に

長男と少し、遠くまで歩きました。

河口では、渡り鳥が羽根を休めていました。



散歩1

散歩2

散歩3

散歩4

散歩5

冬の間、たくさんの渡り鳥で賑やか。春先には飛び立ちます。

おせち2019


皆様には佳き年をお迎えのことと拝察致します。

喪中につき、新年のご挨拶は出来ませんが

今年も宜しくお願い致します。


“ 新潟県で2年目の冬を過ごす男 ” さん に携帯番号を
教えて頂きましたので、電話で話しました。
第一声は、 「 わぁ、懐かしい声 」。
ですって ( 笑 )。

お互い現役を引退後、茶飲み友だちになることを約束しました。
なんとなく嬉しい。

WHAT'S NEW?